fc2ブログ
   
02
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

Seeds & Gimmicks

こんにちは。

本日はこざわまさゆきさんのレクチャーノート『Seeds & Gimmicks』を紹介します。

下記サイトからpdf版を購入できます。
https://gumroad.com/l/szngmx

今回厳正な抽選の結果、冊子版をいただきました。ありがたいことです。前作の『ten little tricks』同様に読み物として面白く、余禄も充実していて読みごたえがあります。

それではさっそく作品ごとの感想をどうぞ。

1. With or Without the Hole
穴を使うマジックの導入でいい感じにもやもや感を与える手法の解説です。
こざわさんのマジックはワンポイント加えてひとひねりしたら面白くなったよというものが多い印象ですが、この作品に関してはガチでワンポイントのみで成り立っています。現象を書いてしまうとそれが全てなので、現象説明ももやっとさせていただきます。仙台レクチャーの際に見せていただいたのですが、面白いので是非一度生で見せてもらうことをおすすめします。


2. Sympathetic Twist
ツイスティングジエーセスに同調という演出を加えた作品です。
既存の現象にワンポイント加えた系の作品ですが、そのワンポイントがいい感じに効いてきます。特に2枚目のAがひっくり返るところはよりわかりやすく衝撃を与えられる気がします。あとこの手法を取り入れると個人的に気になっていた部分が解決できることがわかったので、僕もバリエーションを考えました。良い作品です。


3. Full Lineup
ニックトロストのラインナップをフルデックで行います。
これもレクチャーで見せてもらった作品ですが、レクチャーのときは違うセッティングだった記憶があります。こちらの方が裏側の仕事量も減るので良いですね。


4. Electric Prophet
ミラスキルの改案です。ミラスキルの改案というとジョンバノンのものがお気に入りなのですが、それと比べても全く見劣りしない作品です。同じ原理のはずなのに全然違う現象に見えるところも面白いところ。商品化もされていて後輩にプレゼントしようと思って買ったままずっと保管してあるので、そのうちコンテストでも開いて景品にしようと思います。


5. Lie to Me
持っているカードのマークを嘘発見器の演出で当てる作品。
とある有名な原理を使いますが、そういう使い方もあるのかと感心する作品です。後述するWho has the Joker?と比較すると嘘発見器のくだりで1人あたりにかかる時間が長い印象です。嘘発見器のくだりは捨てて、3枚のうち2枚を捨ててもらって残った1枚の色を当てる方がテンポが良くなるのではと思ったり。


6. Who has the Joker?
ジョーカーを持っている人が誰なのかを当てます。
○○ Card Trickのバリエーションに当たるのですが、根幹となる原理の本来の使用法から少しずれた使い方をしているところが個人的なお気に入りポイントです。最後のジョーカーを引き抜くくだりは本来の使用法に近くなってしまうので、個人的には誰が持っているか当てるだけで終わりたいところです。


7. Magician’s Poker
佐藤喜義さんのESPER'S POKER DEALに一工夫加えた10カードポーカーディールです。このタイプの作品は1つ覚えていれば十分かなというイメージがあって、個人的にはT君のTriumphant Pokerが一番好みですが、こちらは比較的お手軽なので覚えておくと良いことがあるかもしれません。工夫点が上手く効いていて、プチ予言風に見せることができるところがお気に入りポイント。

8. Visible Invisible Deck
片倉さんのインビジブルデックの改案です。原案で使われる透明なカードをブランクカードに置き換えることでわかりやすく、演出はシュールさをより前面に押し出している印象です。原案も素晴らしいので、レギュラーデックしかもっていなかったときは原案、ブランクカードをたまたま持ってた(もしくは気合を入れて持って行った)ときはこちらで使い分けると良さそうです。


9. Clueless
推理小説仕立てのマジック。観客の中に紛れ込んだ殺人鬼(という設定の人)を演者が探偵役となって探し出します。
非常に面白いので是非演じたいのですが、レクチャーの感想でも書いた通り終盤の犯人の絞り方がどうしても雑になってしまうので演じる人を選ぶような気がします。個人的にはもう一つブレイクスルーが欲しいところ。正体隠匿ゲーム系の演出と絡められるとさらに面白くなるような気がしますが、まだうまくまとまらないので天啓が降りてくるのを待ちます。


10. Old Maid’s Piano
言うまでもなく傑作。ピアノトリックの最適解が出てしまった気がします。
余禄がものすごく充実しているので、石田コラム等が好きな人はとても満足できると思います。満足しました。


その他にも不条理を導入する方法論、奇術の作り方、セルフワーキングマジックに関する考察や、演出に関してのコラムがあり、筆者としましては許容量を超える刺激を受けしまい咀嚼が追い付かない状態です。クリエイター、研究家気質の方には是非おすすめしたい一冊です。

KAYFABE感想

Disk1からDisk4まで観た後でもう一度全ての演技を見たくなる。そんなMax MavenのDVD――KAYFABEの感想です。

全編mental magicで、シンプルで味わい深い現象、分かり易く魅力的なプレゼンテーション、立ち居振る舞い、巧みなアドリブなどそのクオリティの高さは言うまでもありません。

内容はDisk順に、道具をほとんど使わないステージマジック、即席で行われるカード当て、どちらにも属さないもの、マジックについての考えの独白及び氏のドキュメンタリー番組の映像です。

4巻のマジックについての独白を見ればきっと全ての演技を見直したくなるはずです。
独白は「マジックとパズルの違いは曖昧で共に原点はmysteryである。Mysteryは人生で非常に大事なもので、その中でも私は味わうべきmysteryを扱う(mysteryという言葉自体もMax Maven自身の考えるところを正確に言い当てているわけではない)。
(中略)しかし20世紀のマジシャン達はマジックに本来備わっている深みをなくしてつまらないものにしてしまった。(要約)」といった話から始まりマジックの目指すべきところや存在意義、単なるトリックとマジックの違い、マジックだけが持つ固有のものなどついて語られます。

それら踏まえて2周目を見ると、トリック以外の部分――根底で共通するテーマ、練りきられたプレゼンテーション、現象への深い理解など――でのMax Mavenの良さ、素晴らしさが見え始めてきます。

あるマジックでそのプレゼンテーション力に感銘を受けました。そのマジックでは「デックから観客の選んだカードが消失する」という部分があります。一般的には「全てのカードを1枚ずつ見せて、51枚しかないし観客のカードは見当たらなかった。だから消えている。」などと示しますがMax Mavenはもっとシンプルな別の方法で、それどころか何が起こったか観客に説明することすらなしで、100人いる観客全員に「デックの中からたった1枚のカードが消失した」こと理解させて場をざわつかせます。

上のマジックでは「最後にはここにいるみんなが凄いことが起こったと驚くはず。でも正しい理由で驚いてほしい。私が手を素早く動かした結果と言われたくない。」という台詞が登場します。Vernonの「混乱はマジックではない」のよくわからなかった部分に綺麗に嵌りようやく腑に落ち感動しましたが、その考え方はこの手順に限った話でなく収録されているすべてのマジックに使われています。それも「マジシャンは観客の知らない種を知っていて単にそれを実行しただけだ」というものではなく「Max Mavenが本来あり得ないことを実行して見せた」という雰囲気で。

実際DVD内でマジシャンなら誰もが知ってる筈のマジックに騙されました。「どうやってるのか意味不明だけれどMax Mavenならガチで起こしてるのかもしれない。起きちゃってるし。」と考えたマジックは知っている――やられても絶対引っかからない自信のあるものでした。解説のないもので、3回目見たときにようやく自分が完全に欺かれていたことに気づきました。この得も言われぬ感情は一体。

それとは別のマジック、Challenge Locationというのでしょうか、3人にカードを覚えさせてそれを当てていく手順があります。1人目のカードはいくつか質問をしつつ、観客の反応を探って読み取ります(注)。2人目のカードも読み取りますがこちらは一切質問なしで読み取ります。
1枚のカード当てで「思い浮かべたカードを読み取って一切質問なしで当ててみせる」なんて演出を取ったものなら「カードを特定できる種があるんだ」となって終わるところですがこの手順の場合1人目の当て方のおかげで2人目の際「質問はしたくない。赤か黒かなどは尋ねない」と言っても1枚のときのような嘘っぽさがかなり緩和されます。(情報を探り出していっている様子や「質問は~」と言うタイミングなどはDVDでご確認ください。尚1人目2人目はともに「かなりの枚数の中から自由に1枚見て覚えるだけ」という選択方法でカードを選んでいます。)
手順に戻って3人目、3人目は手順の1番初めにカードを1枚取って誰にも表を見せずにお尻の下に敷いています。「最後はこの誰も知らないカードまでも当ててみせよう」と来るのかと思っていたのですが、Max Mavenは「どのカードか私には分からない。そもそも決めてない。知らないまま上に座っている。これでは無理だ。こうしよう、後ろを向くので……」と観客のカードを読み取るというプレゼンテーションを貫きます。少し考えましたが確かに前者だと問題が発生しますね。
(注)便宜上「読み取る」と書きましたがMax Mavenは「読み取る」などとは明言はしていません。



単にレパートリーを増やしたいだけなら全くお勧めできません。ただし、プロフェッショナルな演技(しかも日本語字幕付き)やマジックについての考えに興味のある人、「単に種を隠して見せるトリックを魅力あるマジックに変えていきたい」と考えている人には強くお勧めできます。買いましょう。(念のため補足しますが解説は充実しておりトリックも適切な手法が適切に組み合わされていて堅実です。当然高い能力が求められるものもありますが。個人的に3巻のマジックが良く刺さりました。)

僕自身も自分が成長するたび、DVDを見るたびに新たな発見がある筈なのでこれからも繰り返し見ていくことになると思います。
2時間のステージショー、いつか見てみたいものですね。
以上砂糖水でした。

HIGH CALIBER

お久しぶりです。

ジョン・バノン氏の『HIGH CALIBER』を手に入れたのでちょっとしたレビューをします。

今までにジョン・バノン氏が世に送り出してきた小冊子をまとめたものになります。作品数は約40ほど。「これで10000円くらいですからひとネタ約250円。間違いなく買いです」と唆されて、本当はそんなお金はなかったはずなのですが気がついたら手元にありました。不思議です。

レビューするとは言いましたが、ネットで調べると既に素晴らしいレビュー記事が存在しているので、全体を通した感想はそちらをみてもらえれば良いかなと思います。ここでは僕個人が即レパートリーに入れたものや、原理や考え方が面白いと感じたものに関して重点的にレビューをします。

ジョン・バノン氏の作品はイロジカルな手法を用いることが多いのですが、個人的には嫌う傾向にあるのでそこの基準はシビアに行きます。全作品通して、原理が面白く、難易度がそれほど高くないものが多いという点は非常に評価高いです。


・Riverboat Poker

小説パートを読んでこれダイ・バーノンのアレじゃんと思ってましたが違いました(半分はダイ・バーノンのアレです)。構造としてはダイ・バーノンの方が美しいですが、ノーセットで始められる点は優秀。また、後半部分の省略がちょうど良く、ポーカーがそこまで浸透していない日本人向けに感じられました。原案ではストーリー仕立てですが、一番強い手札を作るというゲームっぽい演出で行うのが敷居低いかなと思います。
ちなみに1段目が終わってカードを回収するところは、最初3枚を下に回して、2つ目のパケットのトップカードで残りをすくい上げる形で取り上げる方が自然です。


・Duplicity

”Twisted Sisters”の原型かと思いきや、後に作られた改案です。一長一短あるのでこちらも知っておくと武器として使える日が来るかもしれません。個人的には”Twisted Sisters”の方が好きです。


・Fifty-One Fat Chances

オープンプリディクションのトリックとして紹介されていますが、オープンプリディクションとしては認められないと思います。しかしこのマジック自体はすごい良いです。おそらくマジシャンが読むと最初と最後に使う手法が気になると思いますが、その手法に違和感を感じさせないための工夫が張り巡らされていて感心しました。一応最初の手法を教えてない後輩に対しては問題なく通用したことをここに報告します。


・Que Sera Sera

こちらもオープンプリディクションとして紹介されていますが、オープンプリディクションとしては以下略。最後に使うカウントのサトルティが優秀で他の場面でも使えそうです(実際に後輩が使っているのを見た気がします)。


・View to A Skill

個人的ベストマジック。こんなんずるいわ!と思いました。ミラスキルですが、これも原理に気づかせないための工夫が見事です。後輩も「こんなん気づかんわ(意訳)」と言っていました。いやこれはすごい。


・Mega Wave

この辺りからジョン・バノン氏がフラクタルであることに拘り始めるのですが、このマジックについてはフラクタルにしなくても良いかなと思いました。解説中で述べられているように最後の改めが現象の弱化を招く恐れがあるので、無理に改めない方が良いです。見せろと言われた時点でなんかダメな気がします。そう言われないような立ち回りの方が重要です。


・Bullet Party

Triple play シークエンスが面白い。この後に3つほどこの技法を使うマジックが出てくるのですが、個人的にはこれがベストだと思います。現象も色々と応用が利きそうで良いです。


・Buf'd

イロジカルなものに対してシビアだと言いましたが、このトリックがギリギリアウトのラインです。しかし、通用すると言われたらそうかもしれないとは思います。このマジックはトリックの構造が面白く、デックの中に残ってしまうものを再利用して現象を起こすという考え方は他のトリックにも流用できそうです。


・Spin Doctor

Buf'dがギリギリアウトという話をしましたが、こちらは余裕のアウトです。パケットにおけるハーフパス否定派ですが、このマジックをもしやるならハーフパスを使ってしまうことでしょう。タイムミスディレクションを使いますと書かれていますが、どう考えてもそんな余裕はありません。おそらく「観客は違和感を持つものの、その違和感だけでは説明できないレベルの現象が起こるから許される」くらいが正しい気がします。許されると思えるくらい現象は良いです。別の手法を考えたくなりますね。ブランクカードによって移動現象を起こし、エキストラカードの存在を有耶無耶にするというマジックは最近どこかで見た気がします。このマジックから得た発想かもしれません。


・The Bannon Triumph

みんな大好きPlay it straightです。
なんだかんだでちゃんと解説を読んだことはなかったのでいくつか気づきがありました。バノン先生はバノントライアンフと呼んでほしいみたいです。呼んであげましょう。




他にもあるのですが、疲れてきたのでこのあたりで。気が向いたら追加するかもしれません。基本的にどのトリックからも何らかの気づきが得られるので是非一度全ページに目を通して欲しいです。

来年も良いマジック本との出会いがあることを期待します。

一口レビュー:Lots of R&B

こんばんは。

本日のレビューはIzumiさんの「Lots of R&B」です。

主に赤裏と青裏を用いたマジックが掲載されています。こういう1つのテーマを扱った作品集っていいですよね。

まず本を開くと赤い遊び紙が目に入ります。もしやと思って後ろから開いたらやっぱりありましたよ、青い遊び紙が。

もうこの時点で満足して本を閉じましたね。






(半分くらい)冗談はこの辺にして各作品を簡単にレビューします。

・Cheater’s Last Trick
ポーカーチップを組み合わせたラストトリック。
ポーカーチップとカードの組み合わせは非常に相性が良く、僕も何か作ってみたいと思っています。パールさんのOOTWとか良いですよね。

補遺に言及されている通り最後の現象に関しては青裏ではなく黒裏の方が合理的なのですが、個人的には青裏の方が好み、というより黒裏でやるとエンディングが予想されやすいかなぁと思いました。「あ、裏の話ですよ」という台詞を入れるといい感じに不合理さを軽減できると思います。

そもそもポーカーチップを入れ替えたらカードも入れ替わるのではなく、ポーカーチップに対応して色が変わることにした方が一貫性がある気がしました。ギャンブラー系の演出と噛み合わないという歯がゆさはありますが。実に悩ましい。

ポーカーチップ側にも現象を起こすと1つのルーティンが完成しそうな気がします。カードが入れ替わったり、入れ替わったと思いきやチップの方が入れ替わっていたり、チップが4枚に増えて全部違う色になってカードの裏もそれに合わせてバラバラになったり。etc…

カード単体とかチップ系単体で上記の現象を起こすものはいくつかあった気がしますが、組み合わせると夢が広がると思いました。面白いプロットをありがとうございます。


・Red-backed Hofzinser
裏色の違うAを使ったホフジンサーエースプロブレム。
これは少し違いますが僕も似たようなプロットを考えていて、色々お話ししてみたいと思いました。


・R&B Visitor
裏色の違うカードを使ったビジター。
アレを使うのですが、そのことによって筆者が提示するいくつかの狙いがスマートに達成されています。アレを最初から仕込んでおく必要がなく、演技後はそのまま他のマジックができるように構成されている点は個人的に評価が高いです。


・Progressive Collector
裏色の違うカードを使ったコレクター。
手順は荒削りな気がしますが、狙いは非常に面白いと思いました。もう少し詰めれそうな予感がします(まだ何も思いついていませんが)。


・R&B Cards with Pocket (Case)
スライトレスなカードの飛行現象。
2枚カードを使って別々のことをすることで難易度を下げるという考え方は非常に応用の効く技なのでそれだけでも読む価値があると思います。


・Star Trek Season2
4枚のQに挟んだカードが消えてデックの中に飛行します。
ビジターやコレクターみたいに事前セットなしでできそうだなと思って少し弄ったらできました。コレクターと同じセットでできるので試してみると良いと思います。ここで使われているカードをスイッチ及びコントロールする技法が応用が効きそうで面白いです。


・Signed Hofzinser
交換現象をわかりやすくするためのホフジンサーエースプロブレムのアイデア。
Red-backed Hofzinserもそうですが、Izumiさんはこの「交換現象をわかりやすくする」というこだわりを一貫しています。あまり考えてこなかったアプローチなので今度お会いしたときに色々話してみたいです(大事なことなので二回言いました)。


・Visitor for Lefty
左利きの利点を生かしたビジター。
僕は右利きですが、このサトルティーに関しては何度かアプローチしたことがあります(ノーエキストラキックバックなどで)。その度に思うのは左利きってずるいなってことです。逆に左利きだと困ることってあるのでしょうか。その辺りの話も是非聞いてみたいですね。


・EZ-CCC
(多分比較的)簡単なCCC。
古典技法から最新の技法まで応用できるので今後も研究が進みそうなプロットです。僕もたまに考えてはいるのですが、不向きみたいなので今後の発展に期待します。天啓が降りてこないかなぁ…



総括すると、なかなかに刺激をもらえた一冊でした。特にラストトリック、コレクターあたりはまだまだ発展の余地がありそうです。来年のマジックマーケットでも面白い作品を期待しています。

一口レビュー:野島伸幸裏レクチャーノート⑤

マジックマーケットお疲れ様でした。

今回は、東北大学クロースアップマジック同好会の「Ethanol the Final」、らららこっぺだんの「つぶやきぷろだくしょん」に寄稿させていただきました。お楽しみいただけたら幸いです。感想等いただけると喜びます。

「つぶやきぷろだくしょん」の売り上げを結構いただいたのでもう少し色々買えばよかったなぁと後悔しています(あと買おうと思って忘れてしまったものがいくつかあるけど内緒で…)


少数ではありますが気に入った戦利品をレビューしようと思います。


1つ目は野島さんの裏レクチャーノート⑤です。理由は軽かったから。一応全部に目は通したのですが、他が重い!びっくりするくらい重い!エタノール読んだ人からおまいうとバッシングを喰らいそうですが、みんな(良い意味で)気合い入ってるなぁと思いました。

ということゆるーく読めたこちらをレビューしていきます。


・空耳マジック

裏レクチャーノート④のパーフェクトプランもそうですが、この手のアプローチはしたことがないので毎度感心します。空耳でそう聞こえそうなセリフを連呼するマジックですが、だんだん空耳が雑になっていくのが面白い。個人的にはお気楽サマーがツボでした。ゆるくて明るいイメージが最高です。終盤の空耳連呼するところもとても良いです。でも演じてみたさはパーフェクトプランの方が上かもしれません。


・袖マクレーン

一発ネタとしてそこそこ受けそうですし、そのままマジックの導入に繋げられるので良いトリックなのではと思いました。今度やってみます。


・全身で表現して当てるカード

やっているところを見たいタイプのマジック。バーとかでやる人が普通にいそう。ダンシングフォースは動画で見たことがあるのですが、最高にイかれてると思います。


・ガチでウケないパケットトリック

個人的にはラスト以外は良いのではと思いました。ラストに関してはちょっとオチが弱いです。使っている技法も相まってカードボードカメレオンのなりそこないみたいな印象を受けました。

前段に関しては手元とテーブルの枚数が違うところが現象のニュアンスを伝わりづらくしているのかなと思いました。そこでVIP(Visible invisible plot)が使えるのではないかと思って考えてみましたが、今の所良い案は出ていません。

現状は、「6枚の黒いカードを使います」と言って3段目まで演じてから、テーブルのカードをすくい上げて「以上、6枚の赤いカードを使ったマジックでした」で締めればウケは取れるのではないかと言う結論です。

VIP路線で何かいい案が思いついたら来年のネタにしようかなと思ったりしています。


今回も楽しく読ませていただきました。松田さんの大ファンとしては、絵が見られただけで満足なところもあります。来年も期待しています。

プロフィール

黒魔道会OB

Author:黒魔道会OB

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる