fc2ブログ
   
01
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
31
   

マジケ2020参加のお知らせ

こんにちは。ムナカタ・ヒロシです。

このたび、5/2~4の3日間にわたって無観客で開催されることが決定したマジックマーケット2020に参加させていただく運びとなりました。
東北大学クロマドウ会」のブース名で、サークル関係者がレクチャーノートを販売します。ぜひ(オンラインで)お立ち寄りください。

それでは、さっそく商品を紹介します。




商品① 『52Hz』

表紙イメージ小


「ごじゅうにへるつ」と読みます。僕がこの数年間にわたって試行錯誤や改良を重ねてきたオリジナルのカードトリックを解説してあります。数理原理からピュアなスライトまで、あえて毛色の異なるバラバラな奇術を選んだので、カード奇術を愛好する方であればどんな方であっても楽しんでいただける部分はあると思っています。中級者以上の読者を想定しています。マニア向け……かもしれません。

A4サイズ、モノクロで全102ページ。価格はタイトルにちなみ5200円としたいところですが現実的ではないので、ひっくり返してマジケ特価2500円にて販売。半額以下(当社比)!

以下、内容紹介です。全5章に分かれています。


第1章 Traveling
カードを用いて演じる現象の中でも、特に移動に主眼を置いたトリックを集めました。

Split(*) 4エースを用い、観客の自由なコールに応じてカードトゥポケットを行います。パームを使いません。

Vol-de-Nuit Hofzinser(*) 筆者流のホフジンザープロブレムの解法です。本書では唯一ギャフを使う手順ですが、ありふれたギャフなので手に入れやすいはずです。

Double Date テンヨーのディーラーズアイテム『サプライズ手帳』にトリビュートした手順です。2人の観客のカードが手帳に書かれた数字に従って現れます。


第2章 Mental
いわゆるメンタルマジック寄りのトリックを集めてあります。

Power of ‘JUNISHI’ 十二支のシンボルをすべて半分に切った「絵合わせ」の山があります。この中から観客に好きなカードを選んでもらうと、その結果が完璧に予言されていることが分かります。

バリエーション:Power of ‘JUNISHI’ 2.0 「絵合わせ」の中で1か所だけ一致するカードがあると説明し、観客にそのカードを当てることに挑戦してもらいますが失敗します。しかしその結果が完璧に予言されていることが分かります。

Ariadne 観客に手伝ってもらい、裏表バラバラな二十枚強のパケットを作ります。演者は視覚的情報に頼らずカードの表と裏、赤と黒を判別します。借りたデックで演じられます。

The Equi-voyance Test(*) よく混ぜたデックから、無作為に3枚のカードを抽出し、どのカードを使うか観客が決定したうえで透視能力の実験を行います。観客はカードを当てることができませんが、演者は100%正確に言い当てます。借りたデックで演じられます。


第3章 Playing
箸休めのような章で、遊戯的に楽しんで作ったトリックが解説されています。

Fake Monte Move(*) モンテムーブに見せかけてモンテムーブを行わない、マジシャンフーラーです。

Psychokinepick(*) マジシャンが手をかざすと、デックのトップカードがひとりでに動き始めます。動かすカードは52枚中のどれでもよく、演じる前後でデックも手もあらためることができます。

Rashomon Monte(*) 3カードモンテのデモンストレーションを行いますが、なかなか当たりません。演者は観客に暗示をかけることで惑わせているのだと説明します。より深く暗示をかけると、手伝い役の観客は、カードが表向きになっているにも関わらず当てることができなくなります。


第4章 Et Cetera
1章から3章に含まれない現象のカード奇術たちです。

Sinking Aces(*) エース4枚のうち、観客のコールに応じて選ばれたエースがマットを貫通します。

Closed Marriage-Brokers 演者と観客とでQとKのペアを作っていきます。確認してみるとどのペアもスートが不一致であることが分かりますが、ジョーカー2枚のあいだを通すことですべてのペアのスートが一致していきます。ロイ・ウォルトンのマリッジブローカーズをすっきりとアレンジしました。

Awkward Rising ケン・クレンツェルのライジングカードをコメディ/サカー風に演出づけた手順です。


第5章 Extra
おまけの章です。非カード奇術や、カード奇術にまつわる記事など。

Crystal Clarity テンヨーの『クリスタルボックス』にトリビュートした手順で、意外な現象が連続して起こります。

ラブアダブバニッシュについて(*) ラブアダブバニッシュという技法について、筆者の観点からコツを詳述してあります。

ルポールワレット用封筒について ルポールワレットに用いる封筒の工作について素材選びから詳述してあります。


なお、タイトルに(*)のマークが添えられているものは、以前にコピー本等でマジケを通じて発表したことがある文章です。半分程度が再録となりますが、手順や解説の表現含めてどれも全面的に書き換えてあり、そのまま収録しているものはありません。ちなみに筆者が参加した2017年のレクチャーノート『FIVE FLAVORS』と内容の被りはありません。

またそれぞれのトリックを構成した意図や背景については、クレジット(完璧ではないと思いますが)と併せ筆者の可能な範囲で丁寧に解説してありますので、その点での読みごたえも十分です。

2年かけて書いたんで濃密で丁寧な内容になってるはずです……なにとぞ。
スポンサーサイト



Plots & Methods

お久しぶりです。

パソコンが壊れたりだとか、マジック以外で忙しかった等あって更新が滞っておりました。
久々にレビューをしようと思いましたが、最近買ったものを見ると10作品以上載っている作品集ばかりで久々のレビューには重い…
ということで巷で噂だったMichal KociolekさんのPlots & Methodsを購入しました。予想以上に面白かったので紹介します。

内容は4作品+ボーナストリックとなっております。

All In
サンドウィッチ現象です。
サンドウィッチ現象は一般的に観客のカードがいつの間にかジョーカーの間に挟まれているというものですが、この作品はまず選ばれたカードをデックの中に戻してから、デックの上に2枚のジョーカーを表向きで置き、その後ごにょごにょします。そのため、一般のお客さんでもジョーカーの間にカードが挟まれる手法はなんとなくわかるけれど、なぜ選ばれたカードを挟むことができたのかはわからないという少し異質な作品になっています。マニアにとってはジョーカーの間にカードが挟まること自体に不思議を感じることは稀なので、そういうマニア向けの側面もあるのかなと思いました。完璧に演じられた場合、5人マニアがいたら3,4人は殴れると思います。
2つの原理の組み合わせで現象が起こるのですが、2つの原理を組み合わせてサンドウィッチ現象を起こす作品には後輩のTくんが発表しているThe Distant Sandwichがあります。こちらは手法としては似ていますが、いつの間にか挟まれている現象に仕上がっているので、一般向けなのはこちらかもしれません。ただし難易度はAll Inの方が簡単というか単純です。

Lucky You
カードアットエニーナンバーです。
複数枚の紙の両面に異なる数字を書いて、それを裏表バラバラにしてわちゃわちゃして最終的に表を向いた数字の合計値の枚数目から選ばれたカードが出てきます。これはとても良いです。バッドパターンや、恣意的に見える操作がほとんどなく、本当に適当に決まった枚数目からカードが出てきたように見えます。適当な紙と筆記具とデックさえ持っていればできるので覚えておくと良い武器になると思います。

R.M.
カードの中から殺人犯と被害者をそれぞれ決定した後、被害者が消えて別の場所に移動します。
個人的に一番の当たりです。元ネタを知らなかったのですが、もし知っていたらこの作品を作れただろうかと思って止みません。この作品の面白いところは途中まで観客に殺人犯を当てるマジックだと思わせられる点で、この思い込みが観客の視野を狭めてやりたい放題やらせてくれます。実際に殺人犯も当てるのですが、その裏ではとんでもない事態が進行しているわけです。今まで見てきたミステリ-がテーマの作品の中で一番やってみたいと思わされました。というか早速やりました。

Three + One
観客が色々と自由にカードを操作していくと、最終的にフォーオブアカインドが揃います。
最初カードケースからそれ出して始めるの?と思いましたが、そのあたりの演出も含めてしっかりと解説してあったので安心しました。根幹となる原理はセルフワーキングマジック事典にも載っているものですが、良い原理を良い感じに調理してあると思いました。

Polish Poker Stacking
Polish Pokerという売りネタを使ったデモンストレーションです。
これに関してはPolish Pokerの映像を見て、おーすごいってなって満足しました。現物を持っていないので何とも言えませんが、ピュアリスト(という名のズボラリスト)としてはまぁここまでしなくてもいいかなと思ったり。


Vanishing IncでPDF版が買えますので興味のある方は是非買ってください。詳細は下記URLから見られます。
https://www.vanishingincmagic.com/magic/card-magic/plots-and-methods/

プロフィール

黒魔道会OB

Author:黒魔道会OB

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる