fc2ブログ
   
09
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

レビュー:My Assistant

Massimo Cascione and Anthony StanのMy Assistantのレビューです。

国内のいくつかのショップで購入できますが、今回購入したGINさんのホームページを載せておきます。 



まずはPVを見てもらいたいのですが、すごくないですかこれ? しかし、恐ろしいことにこのマジック、レビューを探しても一向にヒットしないのです。これは何か致命的な欠陥(例えば映像トリック的要素を含む)があるか、もしくはすごすぎて皆秘密にしているのかのどちらかだろうと思い、しばらく手を出せませんでした。 先日、ようやく海外のレビューがヒットしました。要約すると、付属のギミックの精度が悪かったけどアイデアは良いというものでした。それならばまぁ購入して後悔することはないだろうと思い、購入に踏み切りました。


早速商品を触ってみた感想ですが、確かにアイデアは良いです。非常にシンプルな構造なので、ギミックに造詣の深い方なら即わかるって感じでしょうか。その辺の知識があまりなかったので、このような使い方もできるのかと感心しました。そして付属のテントウムシがとても可愛い。こういうのポイント高いです。現象自体は2, 3 m離れていれば特に問題なく見せられそうです。 ここからは良くないところの話になりますが、まず音がします。カードから発せられるとは思えない音がします。PVでは音を消してあるので、映像トリック的要素は含んでいたことになります。マジシャンではない人が、音からトリックを推測することは困難だとは思いますが、気になる人は気になると思います。そしてもう一つ、解説されているハンドリングがそこそこ難しいです。ギミックの精度もあるかもしれませんが、なかなか解説通りにはいきませんでした。動画のように何回か試して1回成功すればいいという環境であれば問題ありませんが、実際に演じるにはある程度の練度が必要だと思います。あとはそこまで気になるほどではありませんが、付属のテントウムシに若干気を使う部分があります。現場で使う方は〇〇を黒くしておいた方が良いと思います。現場よりも動画で使うのに適したトリックでしょう。


総括すると、動画で三次元から二次元への変化をテーマに扱ったルーティンを撮りたい方にはおすすめできます。同じくらいのサイズ感のシールとフィギュアさえ用意できれば、テントウムシ以外も可能です。実際に演じるとなると結構超えなければいけないハードルが多そうですが、この現象を実現する手法としては限りなくベストに近いのではないかと思います。

スポンサーサイト



プロフィール

黒魔道会OB

Author:黒魔道会OB

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる