fc2ブログ
   
02
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

ポン太theスミスレクチャー【カード編】

本日はポン太theスミスさんのレクチャーに参加して来たのでその感想を。

キリが良いので【カード編】と【コイン編】に分けて書こうと思います。


まずはカード編。ポン太さんはコインと同じくらいカードが好きとのことで、今回のカード縛りレクチャーは張り切っていたみたいです。特にトリックを作る際の思考経路は参考になるというか、僕と近い考え方をしていて感銘を受けました。それではトリックごとの感想を。


・PACAAN

エニエニのプロット。原案は忘れてしまいました(確か誰かメモってたはず)。

準備等の都合で僕はやらないと思うのですが、考え方が非常に素敵。手法と演出の調和というのは僕が創作する際に掲げている理想なのですが、それを体現している手順でした。

余談ですが、僕の(知っている)中で一番評価の高いエニエニはボリス・ワイルドのACAABNです。アジ・ウィンドのエニエニは見た目すごいのですが、裏の仕事がダイレクトすぎてあまり惹かれません。裏の仕事の巧妙さが個人的な評価点なのかもしれません。そういう意味では演出の裏に手法を巧妙に隠しているPACAANは二番目くらいに好きです。


・インターセプトの改案

様々な策略を駆使することでよりフェアに観客が心に思ったカードを当てようという試みです。手順としては最初から8枚で良くないだろうかという話を後でしてました。僕の知り合いはもう割り切って6枚でやっていたような気がします。

しかしこのレクチャーのキモは手順自体よりも、「困難は分割せよ」みたいな考え方にあると思います。これはマジック創作する上で応用が効きまくるのでクリエイターの方は是非参考にしてほしいと思いました。


・サンドイッチカード

シンプルなサンドイッチカード。これは良いです。誰もがレパートリーに入るとまでは言いませんが、「そういやこんなマジックあるよ」と言ってやる小ネタの上位に食い込むと思います。簡単で不思議。


・メイトサンドイッチ

メイトカードを捕まえてくるサンドイッチ。ほぼノーセットで似たような現象が起こるものを知っているのでレパートリーには入らないと思いますが、シングルカットを複雑なカットをしたように見せる方法は素晴らしいと思いました。今後末長く使っていけると思います。


・メンタルカード当て

後ろを向いたまま観客が選んだカードを当てます。使っているカードがアレだったので、頑張ってるんだなすごいと思っていたら、全然そんなことはありませんでした。これも一種の手法と演出の調和だと思います。お見事です。使っているカードがアレじゃなければめっちゃ不思議だったのに。



これでカードは全部だったはず。個人的にはこのあと書く予定の【コイン編】よりも得るものは多かった気がします。ポン太さんのカードレクチャーは需要がないだけで本人はやる気満々みたいなので、今後レクチャーを開く際にはいくつか入ることを期待しています。
スポンサーサイト



Secret

プロフィール

黒魔道会OB

Author:黒魔道会OB

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる