fc2ブログ
   
02
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

レビュー:Flying Colors

Rajan考案の3色のポーカーチップを使った3フライです。PenguinMagicのURLを載せておきます。結構昔からある商品ではありますが、最近購入しましたのでレビューします。

肌が敏感なので、ニッケルのハーフダラーや銅貨は触っているうちに具合が悪くなってくるのですが、このトリックに付属するポーカーチップには感動しました。マット仕様と呼べるレベルの心地よい手触りで、いつまでも触っていたくなります。調べたところクレイチップと呼ばれるものみたいです。この肌触りの良さは、ポーカーが好きな人はポーカーチップが好きな人なのではと偏見を抱くレベルです。

付属の手順は、個人的には可もなく不可もなくといった感じです。オーソドックスなスリーフライの手順で使うムーブしか使わず、説明も丁寧なので初心者の方には良いと思います。残念なポイントは、最後にチップを手渡せるようにする方法は全く画期的ではないところ、その後にチップスルーテーブルをすると言うけれど解説はないところ、クレジットが一切ないところの3点です。

自分で手順を考えるのが楽しいし、その価値があると思います。ゆうきとものポーカーチップを使ったスリーフライ等を参考にすると、毎回違う色のチップが飛行して、最後には全て手渡せる手順が組めるはずです(組みました)。

類似のトリックとして挙がるのがヒロサカイのトリコロールフライでしょう。ギミックパワーはトリコロールフライの方が上です。トリコロールフライは、3枚のチップを公明正大に示してから現象を行うことができますが、Flying Colorsは、公明正大に示すためにはある程度工夫が必要になります。ただし、工夫のしがいはありますし、できることにそれほど差があるとは思いません。
チップの耐久性はFlying Colorsが上だと思います。トリコロールフライもメダル自体は真鍮製なので耐久性がありますが、表面のシールは劣化します。それに対して、Flying Colorsのチップは余程乱暴に扱わなければ半永久的に使える気がします。クレイチップについて調べたのですが、中性洗剤で洗ったりもできるみたいです。また、トリコロールフライのメダルは個人的には少し重く感じます。Flying Colorsのチップは軽いながらも適度な重みがあって好みです。そして、トリコロールフライは絶版ですが、Flying Colorsは買えます(ここ重要)。

最後にこうだったら良いのになぁと思うポイントを話します。とにかく値段が高いです。トリコロールフライの方がギミックパワーは上なのに安い。だから値段を下げろという話ではなく、その値段でいいからもっとアソートメントを増やして欲しいと思いました。余談ですが、海外のレビューに青は見づらいから黄色に変えて欲しいという意見がありました。実はFlying Colorsのチップは実際のカジノで使われているチップに似せて作られています。赤、青、白の配色はそれが理由なのだと思われますが、よく見るとカジノのチップとは違うところが数カ所あります。つまり、ポーカーチップに精通した人にはギミックだとバレるし、そうでない人にとっては配色はどうでも良いという訳です。ということで、配色に黄色を入れるのはありだと思いましたし、前述した要望を交えるなら「黄色も入れて欲しい」ということになります。5色くらい入っていれば、手順を考える楽しさがさらに広がります。
また、クレイチップについて調べたところ、中に金属を入れて重くするという製造法も見つけました。例えば、中に鉄の薄い板を入れられればさらに手順の幅が広がります。トリコロールフライを作ることも夢ではないのですがそこまでは流石に望みません。まだまだその先を追求できる素材であり、ここで満足してしまうのは非常に惜しいなと思いました。

総括すると、素材が非常に好みでした。Sucker Punchがこの素材で、配色も3,4種類あれば最高なのですが。
スポンサーサイト



Secret

プロフィール

黒魔道会OB

Author:黒魔道会OB

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる