fc2ブログ
   
02
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

マジケ2021春 参加のお知らせ②

こんにちは。佐藤水城です。砂糖水という別称もあります。

マジックマーケット2021」にて「東北大学クロマドウ会」ブースよりこちらの商品を配布します。



『カード当てのある生活』 

カード当てのある生活表紙

ここ3年ほどの間に作ったカードマジック3作品を、ここ3年ほどの考えと合わせて掲載しています。

B5 68ページ 1500


以下、内容紹介です。 


LEFT

カード当て。2段目では左を向いたままカード当てを行います。

 

“どうやってカードを特定するか”だけではなく“どうやって「その状態でカードが当たる筈がない」と観客に思わせるか”についても解説しています。

 

Column

「その状態でカードが当たる(現象が起こる)筈がない」と観客に思わせることの重要性について解説する中で、“不思議”というものについての筆者の意見を述べています。最後には“不思議”について書かれている文献の中から特に影響を受けたものをまとめました。

 

Visible Card Location

セレクトカードのリバース現象。2枚のカードが1枚ずつひっくり返りますが、観客はカードがいつひっくり返ったのか分かりません。

 

解決策はシンプルなものを使っていますが、観客からは想像もつかないように工夫を施しました。

 

Liquid Oil and Water (Bonus)

3×3 No extra Face up Visual Oil and Waterです

 

従来のものと異なり変化ではなく分離を表現しています。

 


LEFTVisible Card Locationはマジシャンに見せることを念頭に創作しています。しかしこれはマニアックであるという意味ではありません。観客から見える作業は“カードをスプレッドから選び、デックの中に埋め、デックを混ぜ、カードが当たる(ないしひっくり返る)”という手続きから逸脱することのないような構成にしています。さらに、セルフワーキング臭や数理原理臭のする手法を避け、面倒なセットアップが必要なものとも決別しています。

また、全てのマジックに既存技法のバリエーション(少なくとも使われているのを見たことがないもの)を盛り込みました。そのあたりもお楽しみいただけるかと思います。


 

マジックは不思議であるべきです。私はそう思います。でも不思議って一体なんなんでしょうか。このノートを書いた目的は不思議というものに対する自分の考えをまとめることです。

私がどのようなマジックを不思議だと考えているのか。それを実現する為には何が必要なのか。これを言語化し、コラムでの記述だけではなく本書全体のテーマとして設定しました。

 

本編約32000字。結論というには早計ですが、今私が思うところを書き記しました。お楽しみください。

スポンサーサイト



Secret

プロフィール

黒魔道会OB

Author:黒魔道会OB

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる