fc2ブログ
   
02
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

レビュー:天変地異

脇坂将太さんのレクチャーノート『天変地異』です。

現在、このレクチャーノートのレビューをツイートすることで未収録アイデアがもらえるキャンペーン中です。


 こちらでダウンロード版を購入できます。

https://majion.shop-pro.jp/?pid=149193921


とあるギミックデックの作り方と、それを使ったマジックが解説されています。ギミックデックと言っても、普通に他のマジックにも使えるので作らない理由がないでしょう(と言いつつ筆者はずぼらなのでまだ作っていません)。脇坂さん自身が演じたうえで気を付けた方が良いところ、当て方の工夫など事細かに教えてくれるので、それだけでも価値があります。


 

1. 不可能への挑戦

表題作です。混ぜさせて、選ばせて、戻させて、混ぜさせて、それでも当たる。理想のカード当ての流れだと思います。できれば演者はカードに触りたくないので、アレンジの方かあるいは最近購読した、きき。さんの『ムーンサイド』で用いられている手法を採用したいところです。ちなみにアレンジの方は奇術研究あたりで類似のものが解説されていた記憶があります。

 

個人的に収穫だったのはレギュラーで行う方法で、セットまでは同様のものを考えたことがあるのですが、選ばせ方はなるほどと思いました。どこかで使う機会があるかもしれません。

 


2.Far from Eye, Far from Heart

ダイ・バーノンの『Out of sight, out of mind』へのアプローチで、負担はかなり軽くなっていると思います。場合によっては選ばれたカードがある場所に来てしまうのが個人的に気になっていたので、とても良いアプローチだと思いました。

 


3. ワキワキ・カードロケーション

『ワイキキ・カードロケーション』へのアプローチです。実は、似たような作品を考えていたところだったので、確認するために購入した経緯があります。結果的には異なるアプローチでしたが、最後の処理のアイデアなどは面白く、僕の作品の方にも応用できそうです。

 

 

4.Do as I DO

Do as I Do』へのアプローチ。ただできたからやってみたではなくて、それによって原案とどういった差別化が図れるかが書かれていて良かったです。この手順だけではなく他の作品でも言及されています。作者の狙いを推し量ると少しずれていたりするので、そのあたりのことがきちんと書かれているレクチャーノートは読んでいて楽しいです。

 

 

5.Dr.Joseph Bell

2人の観客の行動を当てるという面白いプロットです。なんならレギュラーでもできそうなので今度やってみようと思います。レギュラーデックでやっていたものをギミックデックに落とし込む手順が多いですが、この作品のように逆輸入できる作品も載っているので楽しみ方が豊富で良いです。

 


6.Ten Card Poker Deal

Ten Card Poker Deal』の最後にこのデックならではの現象を起こします。これも前の作品と同様に観客の行動を当てるものになっており、良い現象案だと思いました。

 


7.Simple Elimination

『不可能への挑戦』とはまた違ったアプローチのカード当てです。これは正直難しいと思いました。元となる原理が存在するのですが、それと比べて飛躍的にカードを特定する速度が速くなるかと言われたらそんなことはなく、複数の原理を組み合わせた結果、脳のタスク自体は増えている可能性もあるのではと思います。元の原理で慣らしている方はそちらで十分だと思いました。ただし、次の作品を続けて演じることで相乗効果を発揮するマジックとなっていますので、初めてこの類の原理に触れる方はこちらから練習するのも悪くないと思います。

 

 

8.Scramble Card Trick

前の作品に続けて演じることで、ピット・ハートリングの『Unforgettable』に近い印象を与えられる手順です。結構難しめな手順ですが、レギュラーデックで演じる場合と比較して、負担は非常に軽減されていると思います。

 

 

9.Deluxe Edition

裏にサインしたカードを観客自身が見つけ出してしまう現象です。プロらしい手順だと思いました。表ではなく裏にサインしたカードで行う理由として、裏側に秘密のマークがあるという認識を逆手に取るといったことが書かれているのですが、それだけではないような気がします。個人的意見ですが、観客の認識上の『結果が収束するタイミング』が異なるのではないかと思います。このあたりさらに考察ができそうなので、得意な方にお任せしたいところです。



マニアを唸らせる手順から低負担でインパクトのある手順までを、1つのギミックデックでこなせてしまう、広範囲に応用が利くレクチャーノートです。キャンペーンは2020年中ですので、この機会を逃す手はありません。気になった方は是非ご購入ください。

種明かしYoutuberについて その1

去年あたりから種明かしYoutuberを見てマジックを始めた経験者がサークルに入ってくるようになりました。個人的な話になりますが、僕は種明かしYoutuberに関してはそこまで否定的ではありません。正確には、種明かしYoutuberが動画を出すことについては否定的ですが、上がってしまったものは仕方がないので、利用できるだけ利用してやれば良いという派閥です。ただ1つだけ、そこに浸かっている間はあんまり上手くならないとは思います。そこからいかに脱却するかが鍵です。これから先日お会いした種明かしYoutuberからマジックを始めた方の話をしますが、この話は彼を揶揄するものではないということを予めご了承ください。


先日、種明かしYoutuberを見てマジックを始めた方とお会いして話をしました。彼はなかなかに良いセンスをお持ちで(僕は彼の動きを見て影響を受けているであろうYoutuberの方を看破しましたが)、きちんと上手い人の動画を見て学んでいました。それにもかかわらず、基礎ができていませんでした。僕は彼にカードを中程に差し込み揃えながらインジョグを作る方法を教えたのですが、カードを揃える時に右手親指が人差し指の横に揃った状態なのです。本来右手親指はデックの手前サイドに付くはずで、そうしないとやりづらい技法がわんさかあります。これは推測ですが、ビドルグリップが定着していないためだと思いました。案の定、彼はビドルグリップという言葉を知りませんでした。


僕は初心者に教える時に、まず初めに『ディーリングポジションとビドルグリップ以外の持ち方はしないから、確実にこの2つを「できる」ではなくて「している」状態にしてください』と言います。ディーリングポジションなんて簡単だと初心者でも思うことでしょう。しかし、4枚くらいの小数枚になると崩れる人が必ず現れます。そして、ビドルグリップは左右逆でやってみるとわかると思いますが、思いの外安定しない技法です。この2つは絶対に押さえておきたいし、そうしないと何も始まりません。


ビドルグリップを教えているYoutuberがどれほどいるのか興味を持って検索したのですが、ビドルグリップ単体に焦点を当てていそうな動画は4つだけでした(2020年11月23日時点)。その内1つはサムネイルで微妙だとわかりました。残り3つは見ていないのでわかりませんが、それでもたったの3つです。そして、そもそも初心者がビドルグリップで検索するなんてまぁありえない話です。つまり初心者には基本辿りつけません。タイトルにビドルグリップを入れずに紹介している動画もあるとは思いますが、タイトルに入っていない時点でそこまで重要視していないことは明白でしょう。


どうしてこのようなことにになってしまうのかについては、種明かしYoutuberが単純に教えるのが下手という結論でほぼ間違いないと思います。Youtuber達は見えない相手に教えることがどういうことなのかわかっていないのです。対面だったらビドルグリップができていないことを指摘することはできるでしょう。でも相手が見えないからには、先回りでビドルグリップの大切さを説かなければいけないのです。この他にも、彼はエルムズレイカウントの名前を知りませんでした。技法は知っているのです。でも名前が定着していないのです。エルムズレイカウントを使う動画内でその名を出さないなんてことはまず無いはずです。でもその名前を定着させるために必要なことをYoutuber達はわかっていません。上手ければ良いわけではないのです。自分は上手いし、これは動画だから見て真似すればある程度できるだろうなんてあろうはずがありません。そんなことができるならプロマジシャンのDVDを見ている我々はとっくにプロ顔負けの演技をしています。人に教えるということを舐めないで欲しいと思いました。


最初に言った通り、マジックを始める第一歩としてはありだと思っています。でも第一歩だけですよ。本当に。初心者の方は今すぐにでも書店に行って、もしくはマジックショップのサイトを検索して良い教材を手に入れるべきだと思います。良い教材を見つけるのも大変だと思うので、それをまとめた記事も書きたいですね。探せば既にありそう。

タイトルをその1にしていますが、その2が出る予定は今のところありません。いつかまた思うところができたときのためにナンバリングしておきます。

DLC版『52Hz』販売のお知らせ

こんにちは。ムナカタヒロシです。

今年5月開催のマジックマーケットオンラインにて頒布したレクチャーノート『52Hz』についてですが、このたびDLC版の販売を始めます。

表紙イメージ小
↑一応この記事にも載せたものの、PDF版には付属しない表紙画像。※画像はイメージです

なお『52Hz』そのものについては過去の宣伝記事レビュー記事をご参照願います。

ご希望の方は以下のBASEショップにてお買い求めください。PDF、モノクロ、本文のみ100ページです。なお現状はクレジットカード決済のみとなります。

マジケで頒布した際の値段よりやや割高となっていますが、既にリアル本を持っているという方には割引クーポンを用意してありますので、販売ページの商品説明をよくお読みください。

ちなみにこのDLC版、誰も気づかないような細かい部分の修正(※)以外はほぼリアル本通りなのですが、1か所だけ変更点があります。実はリアル本には先の宣伝記事やレビューなどでも触れられていないおまけ記事が付属していました。この記事については筆者の意向によりカットしております。何卒ご了承ください。

(※)──3か所のダブルクォーテーションの上下を直し、カッコの前後でダブっていた句読点を削るなどしました。

レビュー:Toy Box Vol.12

こんばんは。

本日はトイボックスサービスさんが出版している作品集、Toy BoxのVol.12を紹介します。
基本的に僕のレビューは買う前に気になるだろうなと思った点を中心に書いて、買うかどうか参考にしてもらうというスタンスなのですが、はじめに言っておくとこの作品集はマストバイです。真田さんの3to1ロープという作品が載っているのですが、これがまぁほぼ確実にレパートリー入りします。

この3to1ロープはゆうきともさんのレクチャー後の打ち上げで見せていただいたのですが、その当時ものすごい衝撃を受けました。簡単に言うと、3本のロープを結んで1本のロープにした後で、結び目が取れて本当に一本のロープになるのですが、結び目を取るところを2回とも見せられます。基本の3本ロープの一歩先を行くディセプティブさです。ここまでビビッときた手順はお客さんが何回切ってもロープの長さが揃わない手品以来です。こちらは僕のキャラクターには合わなかったので(ロープを消耗するのと、1人で練習するのが辛いなどの理由も重なり)断念しましたが、3to1ロープはキャラを選びません。しかもそこまで難しくないとくれば言うことなしです。

レクチャーから帰宅し、すぐに調べてこの作品集にはたどり着いたのですが、取り扱っているショップが見当たりませんでした。知人からトイボックスサービスというところに問い合わせれば良いと教えていただき、ようやく手に入れることができました。下記サイトからお問い合わせしてもらえれば大丈夫だと思います。


ちなみに3to1ロープは庄司タカヒトさんもショーで演じられていました。プロも認めるルーティンです。ロープマジックを嗜んでいる方なら知っておいて損はないし、ロープマジックしていない方はこれだけで1ルーティンの3分の1は確保できます。祖父の遺言でロープマジックをやってはいけないと言われている方以外は絶対に買って欲しい、いや、やっぱり知られすぎても困るので買わなくても良いような気がしてきました。

これ以外にもいくつかマジックが載っているのですが、個人的に良いと思ったのは、同じく真田さんのインプロンプト・ドロップシルクです。これはシルクがないので練習できていないのですが、将来的にはやってみたいマジックです。簡単に現象を説明すると、ロープの三箇所に結んだシルクが、観客の指定した順番に解けて落ちていきます。DVDが付いてきて実演が見られるのですが、とても不思議でした。

後は、「おばあさんの首飾り」から現在までの、2本ロープによる脱出(貫通)現象の発展について、石田隆信さんの詳細なレポートが付いています。20ページを超えています。石田コラムには載っていない情報です。これだけでもう欲しくなってきませんか?

ということで、トイボックスの回し者ではないのですが、ちょっと熱が入ったレビューになりました。アンダーグラウンドとまでは行きませんが、情報を知らないと入手しづらい作品集ということで、興味を持った方は是非お問い合わせしてみてください。

レビュー:Cups & Balls Mini Beaded (Combo)

大分昔にGINさんで購入したミニコンボカップですが、現在では日本に購入できるショップがない状況です。卸先を長いこと探していたのですが、最近ようやく見つけました。Ickle Pickle社のCups & Balls Mini Beaded (Combo)です。


ホームページではOut of stockになっているのですが、サイズを問い合わせたら「住所教えてくれたら送るよ」と返答があったので、在庫はまだあるかもしれません。Add to cartボタンは健在なので、ホームページから注文できる可能性もありますが、問い合わせてみるのが一番確実かと思います。

先ほど届いた商品を確認しましたが、カップは僕が使っているものとほぼ同じでした。しかし、ボールがサイズ変更になったみたいで、僕のルーティンで使っている仕掛けが一部うまく働きません。僕が使っているものが直径約1.6 cmなのに対して、今回届いたものは直径約2.0 cmでした。正直、ボール目当てだったところもあったのでその点は少し残念です。ニットボールは自分で作れた方が良いかもしれないと思い始めています。1.6 cmくらいのニットボール(仕掛け付き含む)を買えるところを知っている方がいましたら是非教えてください。

ついでに僕が行っているルーティンも載せておきます。まだブラッシュアップ中ではありますがどうぞ見ていってください。このカップでしかできないムーブがいくつか入っています。サイズ感が気に入った方は是非ご購入ください(在庫切れしていたらすみません)。

プロフィール

黒魔道会OB

Author:黒魔道会OB

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる